スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
京名物 幽霊子育飴
- 2006/02/07(Tue) -
六波羅蜜寺の前を少し行ったところでこんなお店を見つけました。
060207kosodate1s.jpg

幽霊?子育飴?なんじゃそりゃ?って事でためらいなくお店に入ってみました。
可愛いお嬢ちゃんが店番をしていて「どうぞ」と勧めてくれるのを遠慮なくヒトカケ頂き試食します。
お味のほうは、ほのかな甘さのべっこう飴のような黄金糖のような懐かしいお味です。
見た目のほうは綺麗な飴色で板状のものを無造作に割ったような感じです。
¥300の小袋をご購入
060205kosodate4s.jpg

さて、この 幽霊子育飴の由来とは...

今は昔、慶兆四年京都の江村氏妻を葬りし後、数日を経て土中に幼児の泣き声あるをもって掘り返し見れば亡くなりし妻の産みたる児にてありき、然るに其の当時夜な夜な飴を買いに来る婦人ありて幼児掘り出されたる後は、来らざるなると。
此の児八才にて僧となり修行怠らず成長の後遂に、高名な僧になる。寛文六年三月十五日六十八才にて遷化し給う。
されば此の家に販ける飴を誰いうとなく幽霊子育ての飴と唱え盛んに売り弘め、果ては薬飴とまでいわるるに至る。洵に教育の上に、衛生の上に此の家の飴ほど良き料は外になしと今に及んで京の名物の名高き品となれりと云う。


この幽霊子育飴、日本昔話にもこれにちなんだ話が出てきたり、これにちなんだ落語もあるそう。

☆関連Blog
 ☆京都ご利益ワンダーランド☆ 昔懐かしい味は、子を思う母の愛【京都東山・幽霊子育飴】


[製造元] みなとや幽霊子育飴本舗
[販売]  木村茶舗
 京都市東山区松原通東大路西入ル
TEL 075-561-1538
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(9) | TB(2) | ▲ top
<<長楽館 | メイン | 創作家庭料理 登楽丸(とらまる)>>
コメント
--
由来を聞くと母子の愛情深いエピソードでも、ちょっとこのネーミングには手を出しにくいっすねえ。
でも見つけたら必ず手を出すでしょうねえ。(^^)/
2006/02/07 23:07  | URL | miyahoo #-[ 編集] |  ▲ top

-⇒miyahooさん-
「子育て」と「幽霊」はなかなか普通には結びつかないですよね(笑)
由来やらこの風情のある看板やら見るとフラッと入ってしまいますね。
2006/02/07 23:38  | URL | ユキ #-[ 編集] |  ▲ top

-おじゃまします-
この話なんか聞いたことあります!しかし実際に飴が売られているのですねf^_^;
2006/02/08 12:50  | URL | いっしー@携帯 #-[ 編集] |  ▲ top

-行けるかも!-
実は飴好きです。ジュル…。
名前も由来も、面白いですね!ガゼン興味沸いてきました。
リンクから地図を見てみたら…おっとっと…。
来月、河井寛次郎記念館に行く予定なのですよ!
近そう!行けそう!
2006/02/08 19:38  | URL | ミラ #-[ 編集] |  ▲ top

-子育て(*^_^*)-
こんばんは!
子育て飴っていう名前に、反応しちゃいました。
しごとがら(^^ゞ
すごい由来ですね。。。
最近いろいろなこどもさんの悲しい事件が多いけど。。
ちょっと考えさせられてしまいました(*^_^*)
2006/02/09 00:01  | URL | tomo #0VjAYkvw[ 編集] |  ▲ top

-すごい!-
すごい名前です!
なんじゃそりゃ?って事でためらいなくお店に入ってみました・・・って(笑)
素晴らしい行動力です♪
由緒ある名前だったとは、これまた驚きです。
2006/02/09 00:06  | URL | PUI #ICazf28Y[ 編集] |  ▲ top

--
このお話は私も聞いた事があります。
けれど舞台が京都で、しかも結構身近な場所だったとは…。
飴も美味しそうですね!今度ちょっと行ってみます☆
黄金糖、昔大好きでした~♪
2006/02/09 01:25  | URL | タビト #-[ 編集] |  ▲ top

-おぉ!!-
確かに・・・ネーミングだけでは手を出しにくい飴ですじょ(笑)。
あたしは友達に購入したはずやのに、結局全部食べてしまった^^;
疲れたときにはこのシンプルな飴がよいのですじょ!^^
でももうちょっとちっこく割ってくれてもいいような・・・
(あたし、口が小さいんですの、オホホホホ)

(・_・)・・・どへ!がは!!(^∀^)
2006/02/09 23:21  | URL | ぽのこ #-[ 編集] |  ▲ top

-コメントありがとうございます-
⇒いっしーさん
そうですよね、ほんとに飴が売ってるなんて私も知りませんでした、観光客の方は良いお土産になりそうですよね。

⇒ミラさん
おぉ、また関西にお越しになるのですね。
このお店、不定休が多いらしいのでわざわざ行かれるなら確認しておいたほうが良いかもしれません。

⇒tomoさん
ってことはtomoさんは先生とか保母さんだったりするのでしょうか?
ほんと最近子供にまつわる悲しい事件も多いですね。

⇒PUIさん
これはお茶屋さんであり飴を売ってるからこそ、気軽に入れるのですよね。
これが呉服屋であったり、宝飾品屋さんであったりしたらいくら看板に惹かれても敷居が高くて入れませんよね。

⇒タビトさん
京都の方でもご存知ないものなのですね!
お近くだったら何かのついでに寄ってみてくださいませ、でも不定休が多いらしいので、わざわざ行かれるのでしたらお電話されてからのほうが良いと思います。

⇒ぽのこさん
同感です。
不ぞろいな形だからこそ、時々デカいのありますよね。
職場でこれを食べたら、電話に出れません;
2006/02/10 21:57  | URL | ユキ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://schneetag.blog9.fc2.com/tb.php/149-3fe7e55f
-昔懐かしい味は、子を思う母の愛【京都東山・幽霊子育飴】-
六波羅蜜寺や六道珍皇寺があることで有名な六道の辻。ここに『幽霊子育飴』の看板を掲げるお店があります。六道が地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の6つの世界を指す言葉であるこ …
2006/02/09 23:20  ☆京都ご利益ワンダーランド☆ ▲ top

-幽霊(°Д°)子育-
これ知ってる?京名物「幽霊子育飴」昔、身重の女性が亡くなって葬ったあと、その女性が墓の中で子どもを産んで、その子に飴を与えて育てた、って伝承があって、その飴が …
2006/02/12 23:37  壺のある生活 ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。