スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大橋家庭園(苔涼庭)
- 2005/10/16(Sun) -
伏見稲荷大社近くにあり京都市の名勝にも指定されている大橋家庭園(苔涼庭)に行ってきました。
051016ohashi1.jpg

051016ohashi2.jpg

見学をお願いすると4代目の当主の大橋さんが出て来て下さりお座敷に案内して下さり、お庭についての説明をして下さります。
お座敷から望むお庭は絶景、この日は雨上がりで緑がより一層映えます。
051016ohashi3.jpg

大橋仁兵衛氏の別荘庭園で、大正2年に日本を代表する庭師の小川冶兵衛監修のもと作られたお庭だそうです。
お庭は「苔涼庭(たいりょうてい)」とも呼ばれているそうです、何故かと思いきや大橋仁兵衛さんは魚問屋さんで大漁とかけているとの事、なんか粋ですね。

水琴窟と多彩な灯籠で有名なお庭です。
簡単な説明が終わったら、大橋さん直々にお庭を案内して下さります。
こちらが大橋家の水琴窟(すいきんくつ)です。
水琴窟とは、地中に逆さに埋められた瓶の中に水滴が落ちる音を共鳴させて琴の音色の様に聞こえる音響装置だそうです。
手洗い用の水場を工夫して、水の奏でる音を楽しむという風情のある物です、音をお聞かせできないのが非常に残念です。
 大橋家の水琴窟1
051016ohashi4.jpg

 大橋家の水琴窟(左下)と燈篭
051016ohashi5.jpg

年月を経ると泥や葉が詰まってしまって、なかなか状態良く残っているのは少ないそうです。
名前の通り、琴の音に近いのですが、細くてクリアな琴のような音が重なりあって心癒される音色です。
気になった方は水琴窟の総合プロデュース・T’sのページで水琴窟の音色の試聴ができます。

その他、大橋仁兵衛氏は大層灯篭好きだったとの事でお庭には12基の燈篭がありご主人が一基一基詳しく説明をして下さりました。
051016ohashi6.jpg

こちらは当初、茶室として作りかけられた建物だそうですが、風水的に茶室としてはよくないとの事で雨除けの離れになっているそうです。
ここから望むお庭も素敵です。
051016ohashi7.jpg

お庭や水琴窟の音色の素晴らしさはもちろんですが、ご主人の大橋さんに人柄の素晴らしさにも触れられ、素敵な午後の時間が過ごせました。

大橋家庭園(苔涼庭)
京都市伏見区深草開土町
 TEL 075-641-1346
JR稲荷駅または京阪伏見稲荷駅から徒歩約5分
開園時間 10:00~16:30
お休み  水曜、年末年始、お盆
拝観料  高校生以上500円
スポンサーサイト
この記事のURL | 京都 Lunch | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<シェフナカギリ vol.1 | メイン | Yves Thuries>>
コメント
--
あれ??前にコメント入れたんですが・・・ちゃんと入ってなかったみたいですねー(**)
お茶室が離れって、なんか雰囲気ありますねー♪伏見にもイロイロあるんですねー。また、行きたくなりました~♪
2005/10/18 00:33  | URL | yukarin #-[ 編集] |  ▲ top

--
>yukarinさん
神戸も良いですが、奈良や京都も素敵ですよ。
是非また遊びに来てBlogにUPしてくださいね~
2005/10/19 21:59  | URL | ユキ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://schneetag.blog9.fc2.com/tb.php/64-9d9fcd79
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。